目的によって選び分けるWi-Fi

Wi-Fiをつなぎたいと希望する方は何らかの目的があると言えます。具体的には仕事であったり、自宅でネットサーフィンをするためであったり様々です。本体を選ぶ際にどのWi-Fiも同じようなものだと認識している方も少なくありません。ところが実際には機種や作られた会社によって大きくことなります。ここで、購入する場合にはどんな機種を選ぶ根気なのか疑問が湧いてくるでしょう。Wi-Fiを選ぶ際には使う目的をメインとして、具体的にどこで使うのかをはっきりさせてから選ぶことが大事です

またここで使う場所を選ぶときに、確認する項目として使う場所を入れた理由は、Wi-Fiの置き場所によってもインターネット接続の良さ悪さが変わってくるからになります。では実際に、どんな理由でWi-Fiを使う方がいるのか事例をもとに見てみましょう。このことによって、自分にあったWi-Fiとは何なのか確認してみてください。

Wi-Fiを使う理由

値段の高いWi-Fiであればなんでも良いと考えている方も少なくありません。Wi-Fiのルーターを購入する際には、目的に合ったものを選ぶことをおすすめします。これは具体的にどういうことなのかというと何に使うのかによって購入すべきものが変わってくるということです。ここで具体的な目的としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

例としては外でインターネットに接続して仕事をする方が挙げられるでしょう。実際にインターネットをつなぐ方法としては備え付けのルーターや有線でインターネットにつなぐ方法などが存在しています。これらの利点としては、比較的通信速度が安定することが挙げられるでしょう。なぜこのような利点があるのかというとそれは完全に自宅においておく据え置き型のルーターであるからだと言えます。

しかし特に有線でインターネットに接続する場合には、カフェなど外にWi-Fiを持ち込んで使うことはできません。したがって、頻繁にWi-Fiルーターを持ち運びたいという方は無線のWi-Fiルーターが適していると言えるでしょう。また、先ほどの例はパソコンで仕事することを前提に話をしました。しかし、外でスマートフォンを頻繁に使うという方にも同じことが言えます。

こういうと、スマートフォン本体だけでもインターネットに接続はできるのではと疑問を持つ方もいるでしょう。多くの場合、スマートフォン購入時にインターネットが使えるように何らかの契約をしているのではないでしょうか。とは言え、これにも制限がありその使用制限を超えてしまうと、インターネットへの繋がりが悪くなることがあります。このような場合にも外に持ち運びができるタイプのWi-Fiがおすすめであると言えます。

置き場所によって速度が変わる

場所どこに置いていても質の良いWi-Fiであれば、必ず使えると認識している方もいます。ところが、そうは思っていても実際には様々な要因でWi-Fiでのインターネット接続速度が変わってくることをご存知でしょうか。1言に家の中で使うと言っても置く場所が関係して使いやすくなったり、反対に使いにくくなったりするので家で使う場合には注意が必要です。

ここで、詳細にどんなところに置くとインターネットの接続が悪くなる傾向にあるのか紹介します。1つ目に挙げられるのは家電から電波を発する物の近くへの設置です。料理をする際に、タブレット端末でレシピを見ることもあるのではないでしょうか。したがって、この時には料理しながら見やすいようにキッチンにタブレット端末を置くことになります。

Wi-Fiのルーターはなるべく接続したい端末と近い方が繋がりも良くなると言われているため、キッチンでインターネットを使う場合にはWi-Fiルーター本体もキッチン近くに置くことになると予想されます。ではなぜキッチンにWi-Fiを設置するのが良くないのでしょうか。それはキッチンには電磁波を利用した電子レンジが置かれている場合が多いからです。

電子レンジなどの電磁波が出ている家電がWi-Fiの近くにあるとその電磁波がWi-Fiにも干渉してインターネットに繋がりにくくなる原因になります。そのため、Wi-Fiを快適に使いたいと希望するのであれば、なるべく電磁波を発している電子レンジなどの家電製品の近くにWi-Fiを置くのは避けた方が良いでしょう。

ここで、インターネットの接続が悪くなる置き場所とは打って変って、快適に使えるとされる置き場所を紹介します。自由に持ち運びのできるタイプのWi-Fiは特に好きなところにおいて使うことも少なくありません。したがって、使う場所が部屋の角であった場合には、周りに壁があったりと快適に使えるとは言えないでしょう。ここで設置するのにおすすめなのが部屋の中心です。これであればWi-Fiの周りで使えるようになるため、角に比べると快適に使えるようになると言えます。

中継器で接続しやすくする

一戸建て住宅で使う場合にはWi-Fi本体は2階に設置しているが、実際にタブレット端末やパソコンは1階で使う方もいると聞きます。この場合、なかなかインターネットの繋がりが良くならずに困ったという体験をされた方もいるのではないでしょうか。この事例でインターネットの繋がりが悪くなった原因としては、1階と2階で天井や壁などの障害物が邪魔してネットに繋がり辛い環境を作り出していることが原因として挙げられるでしょう。しかし、何らかの理由で設置場所を変えたくない場合もあります。

そのような時に便利なのが中継器というものです。Wi-Fiを使っている方の中には、この中継器という言葉自体を聞いたことがないという方もいるかもしれません。中継器とはインターネット接続を可能にしているWi-Fi本体の電波を間で受け繋ぎ、Wi-Fi本体が設置されている場所以外でインターネットを快適に接続したい場合に役立つアイテムです。

壁を隔てていたり、2階と1階で分かれて使っているという状況はよくあることですが、先述したように間に壁などの障害物があることで繋がりが悪くなります。これを解消するためにも方法の1つとして中継器は良い方法なのではないでしょうか。Wi-Fiを使う目的としてよく聞くのが、カフェなどのお店でインターネットを使って仕事をするためというものが挙げられます。

まとめ

実際に自身が行っていなくとも見たことのある方もいるのではないでしょうか。このような時、自宅に置いておかねばならないタイプのWi-Fiが存在しますが、外に持ち歩くことをメインに購入したいのであれば、持ち歩きできるタイプのものを選ぶ必要があるでしょう。これが目的にあった選び方をすることの1例として挙げられます。

また自宅で使用する場合にも、自宅だからと言ってどこにおいても快適に使えるわけではないということを理解しておく必要があるでしょう。なぜなら、例えば電子レンジなどそのものが電磁波を発しているものである場合にWi-Fiから出る電波を阻害してしまう原因になり得るからです。少しでも快適に使うためにも置き場所に注意が必要です。

壁などの障害物も使いにくさの原因になりますが、どうしてもその場所に置いておかねばならないということもあります。この場合は中継器を使うなど工夫をしてみると良いでしょう。

無制限のポケットwifiを契約しよう!そのポイントと注意点